不要になったベビー用品はリメイクしよう

・ベビー用品は多め多めに準備しがち!

子どもが誕生すると、ベビー服をはじめとして、ベビーカーやチャイルドシートなど買いそろえるものがどんどん増えていきます。一番目の子どもの場合は特に様子が分からないこともあり、用意するベビー服も多め多めに揃えがちです。特に100センチ前後の服は誕生祝として友人からプレゼントされることもあり、自ら揃えなくても服は増えていきます。そして、最初のお宮参りにはベビードレスや七五三で使える着物セットなどは、おじいちゃんおばあちゃんからプレゼントされることも多いかと思います。

・ベビー用品はすぐに使えなくなってしまう!

子どもは日々成長し、ベビー用品と言われるものはあっという間に使えなくなります。不要になったベビー用品、特に記念行事で使用するようなベビードレスや着物などは、一度や二度くらいの使用なので手放すのがもったいないくらいきれいな状態です。もちろん身近に出産を控えた友人がいれば譲ったりすることもあります。思い入れがあったり、また使うかもと長期間保管したために譲るのには気が引けるといった時には、服をリメイクすることをおすすめします。

・ベビー服をリメイクしてみよう!

一番簡単なのはドレスタオルです。(洗濯可能な場合のみ)ドレスタオルは、タオルそのものにタックを入れてドレスにするものもありますが、ドレスになる上半分をタオルではなくベビー服の生地を使います。また、ベビー服のレース部分をきれいに外して、ドレスタオルの端に付けるとかわいらしさが増します。その他には、小さいサイズの袋を作ることもおすすめです。保育園幼稚園や小学校でナフキンを入れる袋が必要だったりします。小さいサイズなので、ベビー服の生地でも十分作ることが出来ます。袋を閉じる紐も薄手の生地ならば、折りたたんでミシンをかければ作ることが出来ます。

以外とリメイクできるものはたくさんあるので、せっかく想い入れのあるベビー服を復活させてあげましょう!