赤ちゃんにおすすめの日焼け止め、天然成分でも紫外線は弾ける

赤ちゃんの皮膚は成長段階の時期に入っていますから、外界の刺激や紫外線の影響を受けやすくなっています。したがって、かぶれや湿疹、日焼けの対策はしなければいけないですが、使う物にも注意をする必要性があります。化学物質や合成着色料、着香(ちゃっこう)剤や人口的な防腐剤の使用は極力は避けるべきです。

その理由は主に「刺激が強い」ことが指摘できます。基本的に化学物質という物は刺激が強く、様々な問題を招きます。人の力によって生み出された物質となりますが、自然分解されない存在な為に人の皮膚も吸収を拒むのが問題点です。化学的な根拠としては、コールタールから得られた色素や石油成分を調節して得た着香剤、人口的な術を用いて生産させたパラベンや安息香酸ナトリウムは全て、皮膚にデメリットを与える物として証明されています。

特に赤ちゃんは皮膚の成長段階にある為、それらの化学物質に抵抗力が弱めです。したがって、紫外線を予防させたいなら無添加の日焼け止めを使う事が重要です。もしくは無添加に近い化粧品は、赤子の皮膚トラブルのリスクを減らしますから、おすすめできます。化学物質フリーの製品なら「ビタミンC」や「α(アルファ)-アルブチン」を加えた物を使うと紫外線の実害を少なくする利点が強みです。しかし、ビタミンCは刺激が少しありますから、場合によっては使えません。

α-アルブチンは桃の葉にも含まれている美白成分です。天然として機能しますからコールタールや香料、パラベンのような刺激もなく、自然に分解されるメリットがあります。日焼け前に使えばメラニン色素の生産を抑制しますが、仮に焼けてしまった後に使っても作用するのは特徴的です。日焼けした後に放置すると皮膚のバリアが弱り、悪循環に入りやすいですから、極力は赤ん坊が受けるリスクは減らしていくことが必要です。