赤ちゃんが咳込む原因と対処法

風邪を引いて鼻詰まりや咳が酷い時、夜間に布団に入ってから酷くなると感じることはありませんか。これは赤ちゃんも一緒で、夜になるとリラックス時に優位になる副交感神経の働きが活発になりますので、気管支や鼻腔なども緩んで酷くなってしまいます。また、鼻が詰まるとどうしても口呼吸になってしまい、そも咳を酷くする原因になります。

咳が出る場合、発熱が続くようなら肺炎も疑われます。その場合は眠れないほどの咳が出て、呼吸状態も悪くなりますので、普通の風邪とは違うという感覚があるはずです。赤ちゃんの場合にはRSウイルスによる気管支炎もよく起こりますので注意しなければなりません。他にも百日咳や副鼻腔炎などが考えられ、中耳炎を一緒に併発してしまうこともあります。

赤ちゃんの場合には自分で説明をすることができませんので、どの程度の辛さなのかを判別するのは難しいのですが、新生児の場合にはそれほど酷い症状でなくても病院に行って診てもらうことが大切です。また、喘息の時のようにヒューヒューとした音が聞こえたり、酸素不足になるほどの症状であったり、渇いた咳が続いているという場合には少し心配です。

既に受診していて薬を飲んでいるという場合には、鼻詰まりを解消するために鼻水を吸引してあげると良いようです。鼻呼吸がしやすくなると呼吸が楽になりますし、鼻水が喉の方にまわることも少なくなりますので、症状が和らぎます。また、頭の方を少し高くして寝かせることも効果的です。

赤ちゃんはあせもが出やすいです。ではケアの仕方は?

赤ちゃんはもともと大人と比べると体温も高く、汗もかきやすいです。また、皮膚も未熟でいろいろな発疹や湿疹も出やすく、あせもも出きやすいという特徴があります。では、赤ちゃんのあせもはどのようにケアしたらよいのでしょうか。注意点などを見てみましょう。

まず、あせもとは皮膚にある汗腺が詰まって、汗を出す汗管という小さな管が詰まって、皮膚に汗の塊ができてしまう状態です。首、背中、頭、脇の下や手足にできやすいので沐浴する際には注意してみてあげましょう。そして、そのケアですが、特に夏の暑い時期にはエアコンなどをうまく使い、あまり汗をかきすぎない環境を整えてあげること、また、衣類も通気性が良く風通しの良いものを選んであげましょう。意外かもしれませんが、冬でもあせもの赤ちゃんはよく見られます。寒いからといって厚着をさせてしまい、暑くなって汗をかいてしまうことがその大きな原因の一つです。それから、皮膚の清潔を保つこと、特に寝ている間はよく汗をかくので、起きたらシャワーを軽く浴びて汚れを取り、さっぱりさせてあげるのもよいでしょう。また、ベビーパウダーも汗を吸い取るなどの効能があり、あせもの予防には効果があります

しかし、いくら気を付けてちゃんとケアしていても悪化してしまうことはあります。これはママが悪いわけでもありません。悪化した時には小児科や皮膚科を受診すれば、ステロイドなどの炎症を抑えるお薬を出してもらえますので、あまり自分で判断せずに、早めに受診するようにしましょう。